奨学金破産は自己責任?自業自得なのか国が悪いのか・・・衝撃の実態とは?

   

 

大学の学費などを借りることができる

奨学金制度は、就職してから返済できず

苦しんでいる人がたびたび話題となって

きましたね。

 

最近では「奨学金破産」となる方も

増えており問題視されています。

 

奨学金が返せないのは自業自得なので

しょうか。

 

それとも国や制度が悪いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

奨学金破産とは

 

奨学金は学生時代に学費などを補助する

目的で借りることができる借金制度ですね。

 

借金制度ですね。

 

大事なことなので二回言いました。

 

借金であるため、働き出したら返済の

義務が生じます。

 

しかし、日本は学歴社会とは言うものの、

大学が乱立していることもあり、いわゆる

「高学歴」な難関校でもないかぎり、

大学を卒業しただけで安泰とは言えません。

 

結果として、大学を卒業しておきながら

正社員になれなかったり、なれたとしても

低収入で日々の生活も苦しい状況が続き、

奨学金の返済が滞るようになっていく方が

多いようです。

 

※奨学金制度には、成績が優秀で指定の

企業や研究機関に進めば返済が不要な

ものもありますが、今回は除外しています。

 

 

奨学金、払わないとどうなるか

 

返済の延滞が続くと、一括で返済を要求

されたり、給料・財産の差し押さえなどの

強制執行となります。

 

その結果、通常の生活ができなくなり、

自己破産へと陥るのです。

 

 

保証人もろとも・・・

 

奨学金は無担保・軽審査でほぼ誰でも

借りることができます。

 

保証人は保証会社を通すこともできますが

ほとんどの場合は父親など親族です。

 

保証会社を通す場合、別途費用がかかる

ことが親族を保証人にする原因のようですね。

 

 

そして、親族が保証人になっている場合、

そもそも大学の費用を仕送りできない

家庭が奨学金を借りているということも

あり、本人が返済できなくなった場合に

肩代わりすることもできず、本人と

ともに苦しんでいるのが現状です。

 

 

払えなくなったら助けを求めて!

スポンサーリンク

 

無断で滞納は最もまずい行為です。

 

貸し手に払えないことを伝えましょう。

 

収入が300万以下の場合、返済の猶予を

伸ばす制度があります。

 

また、病気や怪我で収入が途絶えた場合も

特例として支払いを遅らせることも可能な

ようです。

 

「払えないから払わない」などと開き直って

督促状などを無視するのが一番危険です。

 

借りたものは返さなくてはなりません。

 

しっかり借り手に相談し、無理のない

返済計画を立て直しましょう。

 

 

奨学金は欠陥制度?国が悪い?

 

絶対に違います

 

奨学金は正しく理解し、正しく利用すれば

(相対的)貧困の学生でも学業に専念

できる素晴らしい制度です。

 

実際、奨学金制度を利用して大学に通う

ことができた方は大勢いますし、立派な

仕事に就き完済している人のほうが多い

です。

 

「奨学金は欠陥だから辞めるべき」という

乱暴な理論を主張している方がいますが、

奨学金がなくなってしまうと本当に困って

いる人たちが大学に通えなくなってしまい

ます。

 

絶対になくしてはならない制度です。

 

ただし、逆に借り手側が悪い・自己責任

なのかとなると、そちらも一概にそうだ

とは言えません。

 

もちろん、借りるだけ借りて何も

考えずに大学時代を遊び呆けている

ならば自業自得ですので擁護できま

せんが、再三言うように現在の日本は

大学を卒業しただけでは満足な収入が

得られるとは限りませんし、病気や

怪我で働けなくなることだって考え

られます。

 

ですので、どちらかが悪いという

問題ではないのです。

 

 

じゃあどうすれば・・・?

 

まず、「奨学金は借金だ」ということを

借主本人だけでなく保証人となる親族も

含めてしっかりと理解することです。

 

自分はお金を借りて勉強しているという

意識を持てば、少なくとも大学で勉強を

せず遊び呆けるということはないでしょう。

 

しっかり目的意識を持って大学を過ごし、

社会人になってからの返済計画も立てて

いれば、「想定外の返済額」に苦しむことは

ないはずです。

 

 

もちろん、奨学金の申請時点で将来の

収入の額はわかりませんし、努力しても

高収入の仕事に就けないこともあるでしょう。

 

ですが、最初から「奨学金は借金である」

「お金を借りて学んでいる」という意識で

いれば、借りたお金を返すのは自己責任と

考えるのが当然ですし、返せなくなったから

踏み倒すという思考にはならないはずです。

 

 

そして、それでも返せない状況に陥った

場合はすぐに貸し手に報告・相談しましょう

 

様々な猶予措置や対策があります。

 

絶対になんとかなります。

 

とにかく、まずは真摯に状況を説明し

今後の返済計画を相談しましょう。

 

最後に

スポンサーリンク

 

奨学金は借金です。

 

そのことをしっかり理解し、どうやって

返済すべきかを考えて利用しましょう。

 

 

また、その返済計画は必ずしも達成できる

わけではありません。

 

怪我や病気など、想定外の事態で返済が

できなくなったら、必ず貸主に連絡し、

状況が変わってしまったことを伝えま

しょう。

 

 

返済要求を無視すると裁判所経由の恐ろしい

取立てが待っています。

 

きちんと状況を説明すれば、制度として

存在する猶予以外にも何らかの方法を

提示してくれます。

 

奨学金の借金をチャラにするには

自己破産くらいしかありませんが、

返すことを前提にするのであれば

方法はたくさんあります。

 

なんとか頑張って返済していきましょう。

 

 

 

アプリ作りました

 - 経済