下町ロケット ギアゴーストの名前の由来は?後半の変化がひどすぎる!裏切り者!!

   

 

2018年版下町ロケットに登場する

トランスミッションの会社である

ギアゴースト。

 

ゴーストとは恐ろしい名前ですが

どんな由来があるのでしょうか。

 

この会社は当初、佃航平が惚れ込むほど

すばらしい企業だったのですが後半では

佃製作所を裏切り憎悪のままに行動を

はじめます。

 

いったい何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ギアゴースト 名前の由来

 

ギアゴーストは伊丹大と島津裕が起業した

会社です。

 

この二人はもともと帝国重工で輝く将来を

夢見る熱意ある社員でした。

 

それぞれがそれぞれの信念に沿って企画・

立案を行っていたのですが、帝国重工の

歴史ある慣習(という名の悪癖)を是正

しようとしたところ上層部の逆鱗に触れ

総務部へ。

 

そこは帝国重工の意思にそぐわない

厄介者たちが集まる「墓場」でした。

 

そこで燻っていた二人が起業し蘇る

という思いを込めて「ゴースト」という

名前を社名に入れています。

 

 

ギアゴーストはどんな会社?

 

創業5年目のベンチャー企業で、

企画設計のみを担当し部品製造と組み立ては

マレーシアなどの海外の契約企業に発注

しています。

 

この形態はファブレスと呼ばれており、

iPhoneのアップル社と同じ形式となります。

 

 

ギアゴースト、訴えられる

スポンサーリンク

 

ここからネタバレが増えます。

 

ご注意ください。

 

 

 

 

 

創業してからなかなかうまくいかない日が

続いていたものの、アイチモータースに

トランスミッション「T2」が採用された

おかげで大きく成長しました。

 

しかしそのT2がケーマシナリーという

企業から特許侵害で訴えられてしまいます。

 

 

仕組まれた訴訟

 

実はこのケーマシナリーによる訴訟は

仕組まれたものでした。

 

ギアゴースト社の顧問弁護士である

末永孝明が開発資料の情報漏えい

しており、その情報をもとにケーマシナリーが

特許を申請しています。

 

正確には事前の調査ではひっかからず

特許チェックの後に特許の範囲を広げる

という狙い撃ちをしています。

 

これによりギアゴーストが要求された

支払額は15億円。

 

当然払えるわけもありません。

 

実はある企業が資本提携という名の買収を

目論んでいます

 

15億円の支払い要求をすることで経営困難に

陥らせ、弱っているところを安く買い叩く

つもりでした。

 

ある企業とは、伊丹大が帝国重工時代に

取引を打ち切ったことで倒産のきっかけを

つくった重田工業の社長が経営する

ダイタロスという会社です。

 

 

神谷弁護士登場

 

佃製作所の顧問弁護士である神谷修一が

ギアゴーストの弁護に乗り出し、敗訴濃厚な

この訴訟をギアゴーストの勝利へ導きます。

 

この訴訟に関して、神谷弁護士とともに

なんとか救う方法がないかと佃製作所も

手助けをしています。

 

もちろん、助かった暁にはトランスミッション

分野でのより密接な取引を期待してのことです。

 

 

ギアゴーストが変わる

スポンサーリンク

 

当初はとても好感のもてる企業だった

ギアゴースト。

 

社員を大事にする誠実な社長だった伊丹大が

突如考え方を転換し、親身になって助けた

佃製作所を裏切る形でダイタロス社との

資本提携に乗り出します。

 

 

納得いかない副社長

 

この決定に納得のいかない副社長の

島津裕。

 

これまで二人三脚でお互いを信頼し尊敬

しあってきましたが、どうしても許せる

ことができず袂を分かちます。

 

 

なぜこんなことに

 

ギアゴーストの伊丹大は帝国重工に

務めていたのですが、その当時下請けの

コスト削減など聖域に踏み込むような

改革を次々と立案していました。

 

しかしそれは帝国重工の歴史を蔑ろに

するようなものだったため、上層部の

反感を買ってしまい左遷させられます。

 

しかも、実は理解者だと思っていた

的場俊一が伊丹大の左遷に一枚噛んで

いることが発覚します。

 

このことで過去の傷口が開いた伊丹大は

憎悪の炎に焼かれ、これまでの誠実な

性格が反転し帝国重工・的場俊一を

失脚させるために手段を選ばない行動に

出ます。

 

帝国重工・的場俊一憎しで同じ気持ちを

持つダイダロスと組んだわけですね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

下町ロケットに登場するギアゴースト。

 

名前の由来は起業した二人が帝国重工の

「墓場」である総務部から一念発起して

成り上がることを夢見たものです。

 

当初は社員を大事にする誠実な会社

でしたが、社長の伊丹大が復讐心に

満たされてからおかしな会社になって

しまいます。

 

目を覚ますときが来るのでしょうか。

 

佃製作所の社長・佃航平が惚れ込んだ

ギアゴーストが帰ってくるといいですよね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 下町ロケット ,