しくじり先生で安室奈美恵の元バックダンサーMAX。MINAの産休で6年絶縁状態に!

   

6月27日のしくじり先生は3時間スペシャルです。

 

メンバーと絶縁状態になったMAX。

 

20年間嫌われ続けている神田うの。

 

暑苦しい内山信二。

 

今回も、しくじった芸能人たちの講義を楽しみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

MAX

 

安室奈美恵のバックダンサー、SUPER MONKEY'Sとして登場。

 

正式には、Musical Active eXperienceで、大文字の部分でMAXです。

 

活動開始は1995年なので、今年で21年目ですね。

 

安室奈美恵と同じ沖縄アクターズスクール出身です。

 

 

6年間の確執

 

MAXにとって6年間というと、MINAが脱退していた期間に相当します。

 

2002年にMINAが妊娠し、産休のため休業しましたが、実際は脱退という形にされています。

 

2008年に復帰していますが、その間、新メンバーAKIが加入し、脱退しています。

 

2002年、MINAが脱退した4か月後にAKIが加入しました。

 

そして、MINA復帰の直前、ソロ転向のためにAKIは脱退しています。

 

MINA以外のメンバーには、妊娠の事実を本人の口からではなく、事務所スタッフから伝えられ、これまで家族同然に過ごしてきたMinaに「裏切られた」と感じたといいます。

 

そして、出産を祝うこともなく、怒りにまかせて仲違いをすることになりました。

 

そんな状況の中、スポーツ紙に妊娠をスクープされてしまい、その後の予定も決まらぬまま緊急記者会見、そしてMINAはMAXを去りました。

 

ファンにとってはMINAもいなくてはMAXではなく、新生MAXは受け入れられませんでした。

 

一度は専業主婦として沖縄に戻ったMina。

 

ですが、再び芸能界に戻りたいと、MAXへの再加入を望みます。

 

しかし、その際にMAXのメンバーでなく、その両親へ手紙を送ったことでメンバーは激怒。

 

MINAは罪悪感のあまりメンバーに直接連絡をできなかったそうです。

 

お互いの気持ちのすれ違いが辛いですね。

 

AKIが脱退したことで再び3人になったMAXが、MINAに戻ってきてもらうことを決断。

 

しかし、最後までLINAはMINAが戻ってくることに反対だったそうです。

 

一度壊れた友情を再度復活させることは、新しく友情を結ぶことより難しいですよね。

 

ちなみに、現在はREINAが産休で休業しています。

 

REINAはMINAの失敗を参考に、きちんとメンバーに最初に相談したようで、再び亀裂が入るような事態にはなっていないようです。

 

昨年20周年を迎えたMAX。

 

これからの活躍に期待しましょう。

 

 

神田うの

スポンサーリンク

 

「うのでーす」の掛け声を覚えている方はいらっしゃるでしょうか。

 

1989年、14歳の時にモデルとしてデビュー。

 

19歳あたりで、「学校では教えてくれないこと」「ボキャブラ天国」などのバラエティ番組に出演し、人気に火がつきました。

 

 

20年連続「嫌われ有名人ランキング」ランクイン

 

嫌いな有名人というのは、その年に一気に有名になった芸能人が入ることが多いです。

 

嫌われる理由としては

 

・見下されている感じがする

 

・お金があっても知性を感じられない

 

・哀れ

 

などの声がありました。

 

実際に実業家としても成功している神田うのさん。

 

その手腕を考えると、十分な知性があるように感じますがどうでしょうか。

 

最後の「哀れ」はなにか物悲しい表現ですね。

 

なお、「ママタレ」として売っているにもかかわらずベビーシッターを4人も雇っていたり、自分の荷物を床に置きたくないからという理由で他人の荷物の上に置いたりといった情報も上がっています。

 

すべてが事実だとするならば、嫌われても仕方がないような気がしますね。

 

 

弟はハマカーンの神田伸一郎

 

2012年にTHE MANZAIで優勝したハマカーン。

 

ボケ担当の神田伸一郎は神田うのの弟です。

 

 

内山信二

 

しくじり先生2回目の登場となる内山信二さん。

 

前回は、子役業界の裏側を暴露し大問題になりました。

 

今回は子役としてではなく、デブキャラとしてのしくじりを講義します。

 

毎年、夏になると健康もお金も恋人も失うという悲しいデブタレ。

 

今年の夏を乗り切る秘訣を学びましょう。

 

 

まとめ

 

今回の放送も大きなしくじりを体験した方ばかりでしたね。

 

長い人生、誰もがなにかしらのしくじりをしていることと思います。

 

今回の講師陣のように、しくじりも笑いにつなげられるようなポジティブさで乗り切っていけるといいですね。

 

「辛いしくじりがあったから、こんなに今苦しい」と考えるより、「辛いしくじりの時期と比べたら、今はだいぶよくなってきた」と前向きに考えられるようになれば、明るい未来に進めそうです。

 

 

スポンサーリンク

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 芸能