SASUKE20周年が7月3日放送!長野誠が引退!ケイシー・カタンツァーロさんなど外国版の覇者も参戦!

   

 

7月3日に、20周年を迎えるSASUKEが放送されます。

 

古館伊知郎さんがメインキャスターを務めていた頃は視聴率20%を越えていたこともある超人気番組。

 

SASUKEは世界展開されており、各国のSASUKEの人気プレイヤーにとって、日本のSASUKEに参加することは名誉なことだそうです。

 

今回は、アメリカ版SASUKEを女性で初めて予選完全制覇を成し遂げた、ケーシー・カタンツァーロさんが参戦します。

 

また、日本人参加者としては、SASUKEオールスターズの長野誠が引退を表明しています。

 

 

スポンサーリンク

 

アメリカ版SASUKEからケイシー・カタンツァーロさん参戦

 

2014年7月にアメリカ版SASUKE「NINJA WARRIOR」を完全制覇しています。

 

本家である日本のSASUKEも完全制覇なるでしょうか。

 

期待ですね。

 

 

海外版SASUKE NINJA WARRIOR

スポンサーリンク

 

世界165の国と地域で放送されており、これは日本の番組として最多です。

 

日本とは異なり、1回30分の番組として編集されているのが特徴で、国によっては日本のナレーションがそのまま流れていることもあります。

 

特に人気が高いのはアメリカ、イギリス、中国、台湾などで、その他の国もSASUKE熱が高まっています。

 

昨年にはサウジアラビアのファイサル王子と契約を交わし、アラビア語圏版の製作も決定しました。

 

 

SASUKEオールスターズ 長野誠氏引退

 

SASUKEオールスターズとは、番組で決められた一部の有力選手たちのことです。

 

そのSASUKEオールスターズの一人、長野誠氏は、第7回から参戦している「史上最強の漁師」。

 

1年のうち300日以上を海の上で過ごす漁師で、「第50金比羅丸」の船長をしています。

 

2006年の第17回で史上二人目の完全制覇を達成しています。

 

MR.SASUKEこと山田勝己に憧れ、山田勝己同様自宅にSASUKEのセットを自作してトレーニングに励んでいます。

 

そんな長野誠氏も40歳を越えて体力の衰えを感じているようで、今回を限りに引退を宣言しています。

 

 

その他のSASUKEオールスターズ

 

長野誠氏以外のSASUKEオールスターズも見てみましょう。

 

 

山田勝己

 

Mr.SASUKE。

 

この人がいなくてはSASUKEは語れません。

 

何度も引退を表明しながらも、SASUKEを忘れられず戻ってくる姿は、まさに不屈の戦士。

 

現在は引退していますが、本人も「いつかまた」という思いを語っています。

 

 

山本進悟

 

SASUKE唯一の皆勤賞。

 

第1回から今大会まで出場を続けています。

 

第1回SASUKE時はガソリンスタンドのアルバイトでしたが、回を重ねるごとに出世していき、現在は世田谷区でトレーニングジムを経営しているとのことです。

 

スポーツ歴としては、陸上の経験があり、高校時代に走り幅跳びで関東大会4位の成績を残しています。

 

 

秋山和彦

 

史上初のSASUKE完全制覇者であり、元毛ガニ漁師。

 

愛称は「毛ガニの秋山」。

 

ちなみに、現在はSASUKE完全制覇の賞金を使って設立した治療院を経営しています。

 

2012年第28回大会をもってSASUKEを引退。

 

現在はアームレスリング世界王者を狙っています。

 

 

竹田敏浩

 

元消防士で、現在はスポーツトレーナー。

 

秋山和彦が完全制覇したことによりリニューアルされた第5回から出場。

 

SASUKEでの活躍により、消防団員募集ポスターのモデルになったり、消防庁長官から直々に表彰されたこともあります。

 

実はオールスターズの中で唯一ファイナル経験がありません。

 

2ndステージまでは抜群の安定感を誇っていますが、3rdステージを苦手としています。

 

スポーツは、中学高校とバレー部に所属。

 

 

白鳥文平

 

2002年春の第9回に初登場。

 

千葉県印西市役所印旛支所勤務でキャッチフレーズは「印旛村の英雄」。

 

初出場時すでに34歳と高齢ながら、抜群の安定感を誇ります。

 

自宅の庭にSASUKEのセットを大量に作り、オールスターズだけでなくその他の常連選手も含めて何度かSASUKE合宿を開催しています。

 

ちなみに、この練習セットは2009年に撤去してしまったようです。

 

前回大会の31回は、21回大会以来久しぶりの登場でした。

 

今回は出場辞退のようですが、引退宣言はしていないのでまた雄姿がみられるかもしれません。

 

ちなみにスポーツ歴は陸上の三段跳び。

 

高校、大学と活躍していたそうです。

 

 

SASUKE制覇者

 

1999年 第4回 秋山和彦

 

2006年 第17回 長野誠

 

2010年 第24回 森本裕介

 

2015年 第31回 森本裕介

 

 

2回制覇している「サスケくん」こと森本裕介さんはオールスターズに含まれていません。

 

資格は十分あると思うのですが、どうなのでしょう。

 

ちなみに、今回は森本裕介さんは欠場です。

 

 

まとめ

 

毎回、さまざまな人間ドラマを生むSASUKE。

 

今大会も数多くの感動を巻き起こしてくれることでしょう。

 

楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - スポーツ