ロードサイドビジネスって何?国道16号沿いががっちり儲かり店激戦区!?

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

今回のがっちりマンデーで紹介された各店、私はよく利用しているので「みんな知ってる有名なチェーン店」だと思っていました。

 

しかし、CMでは「謎のお店」を連呼。

 

いいお店ばかりなので、ぜひ皆さんにも知って頂きたい!

 

 


スポンサーリンク


 

 

今回のがっちりマンデーは「ロードサイドビジネス」特集です。

 

国道16号線沿線で儲かっている、あんなお店やこんなお店。

 

私が利用した際に感じたことも含めて記事にしましたので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

国道16号線はどこの道路?

 

国道16号線は、神奈川・東京・埼玉・千葉をぐるっと回る環状線です。

 

東京近郊をぐるりと囲んでおり、都内に通う人たちのベッドタウンなども多く、交通量も非常に多いのが特徴です。

 

 

環状線と言えば

 

環状線と言われると、環七・環八などが思い浮かぶ方もいるかもしれませんね。

 

こちらは東京都23区内を走る環状道路で、総距離がかなり短いです。

 

具体的には、国道16号線が320km近くあるのに対し、環七は52km、環八は42kmとのこと。

 

 

ロードサイドビジネスとは

 

幹線道路沿いに特化した小売店舗業の形態です。

 

駐車場を広く取り、自動車で来店してもらうことを念頭に置いた戦略です。

 

また、郊外であれば、幹線道路沿いであっても都心の商業地区より地価が安いためローコストで出展できるメリットがあります。

 

がっちりマンデーで紹介された店舗を見て見ましょう。

 

 

快活CLUB

 

郊外型ネットカフェです。

 

ネットカフェでありながら、ビリヤードやダーツ、カラオケなどのブースまで揃えている店舗が多く、都心の狭い漫画喫茶などと違い、かなり内部も広々としているのが特徴です。

 

また、店舗によりますが、ドリンクバーにソフトクリームバーが併設されていて24時間食べ放題だったりします(深夜に内部清掃のために一時的に使えない時間帯があります)。

 

個人的にもっともよく利用しているのは、マッサージチェアです。

 

高額なくせに世代交代が早く、次々と魅力的な新機能が搭載されるため、自宅に置くのを悩む方は、ぜひ快活CLUBに足を運んで見てください。

 

最新式ではありませんが、かなり新しい型のものが置いてあります。

 

値段も、店舗によりますが別料金を取られることもなく、座席の移動も自由なのがうれしいですね。

 

 

2ndStreet

スポンサーリンク

 

通称セカスト。

 

リユースショップ、いわゆる中古屋さんです。

 

とてもキレイな服が目を疑うような値段で並んでいます。

 

扱っているのは衣類だけではありません。

 

さらに、家電製品や子供のおもちゃ、フィギュア、さらには釣り竿からスノーボードまで、ありとあらゆる製品が並んでいます。

 

同じ形態のお店として、ハードオフがありますが、どちらかというと2ndストリート(セカスト)のほうがオシャレな雰囲気があります。

 

誰が着たかわからない服はちょっと…と思う方も、一度寄ってみてください。

 

自宅にある古着とはレベルの違う、新品同様の服が多いことに驚くはずです。

 

 

オオクシ

 

ビューティーサロンのオオクシ。

 

以下の6つのブランドを展開しています。

 

 

理容室のヘアーサロンオオクシ(Hair Salon Ohkushi)

 

美容室のヘアカラーファクトリー(Hair Color Factory)

 

同じく美容室のカットスタイルクラブ(Cut Style Club)

 

ノンエイジ・ユニセックスサロンのカットオンリークラブ(Cut Only Club)

 

カット中心の総合サロンのカット:ビースタイル(Cut:be style)

 

ヘッドスパのあるカット&ヘッドスパサロン美禅

 

 

国道16号の東側、千葉・東京と、茨城にも展開しているロードサイドビジネスカンパニーです。

 

カットが1,550円のカットオンリークラブなど、格安料金でありつつもオシャレな店舗が特徴です。

 

安いカットチェーンというと、QBハウスもありますね。

 

駅構内や、駅前の歩いていける場所に展開しているQBハウスと、郊外型のオオクシ系は、うまく住み分けができていますね。

 

なお、どちらも非常に安価ではありますが、スタイリストさんの腕は確かですし、こちらの細かい注文にも笑顔で対応してくれます。

 

 

その他のロードサイドビジネス店舗

 

複合商業施設なども、この形態と言えるでしょう。

 

シネマコンプレックス(シネコン)とショッピングセンターが併設されたイオンが有名ですよね。

 

また、会員制倉庫型スーパー・コストコも郊外で大きな駐車場を持つ店舗が多いです。

 

家具やインテリアのIKEA(イケア)も郊外型でがっちり儲けている店舗ですよね。

 

これらの店舗は、車で来ているために大量買いを誘発しやすいという利点があるようです。

 

コストコやIKEAでは、店員さんが車まで運んでくれたりもしますよね。

 

広い駐車場で、車まで運んでくれたうえ、カートを戻す手間が省けるのは素晴らしいサービスだと思います。

 

 

まとめ

 

・ロードサイドビジネスとは、郊外の幹線道路沿いに展開する戦略を取るビジネス形態のこと

・都心よりも安価なために広い敷地を利用でき、車で来客してもらえるために広い駐車場を持つ

 

・快活Clubは郊外型のネットカフェ

・PCや漫画だけでなく、ビリヤード・ダーツ・カラオケが楽しめる

 

・2ndStreetは郊外型総合リユースショップ

・衣類から家電・おもちゃ・貴金属に至るまで、様々なユーズド商品が並ぶ

 

・オオハシグループは郊外型ビューティーサロン

・快適な空間で安価にカットしてもらえる

 

 

以上です。

 

都内に通っている方などで、国道16号沿いに住んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

休日にはぜひ、家族でロードサイドビジネスを展開している店舗に足を運んで見てはいかがでしょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - がっちりマンデー, テレビ