フィリピン大統領、トランプ氏祝福。暴言好き同士仲良く!?

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

アメリカ大統領選、大接戦でしたね。

 

昼前に様子を見てから、ギリギリの戦いが続いており、目が離せないまま数時間見続けてしまいました。

 

事前予想では不利だったドナルド・トランプ氏が僅差で勝利。

 

アメリカの歴史が大きく変わるのかもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

過激な発言が多く、実際に薬物取引撲滅のためにかなり過激な行動をとるなど、危険な方向に突き抜けているフィリピンの大統領、ドゥテルテ氏。

 

そんなドゥテルテ氏は、「フィリピンのトランプ」と評されることもあるそうです。

 

同じ暴言吐き同士、親近感を持っているようで、トランプ氏の大統領選勝利に祝福の言葉を送っています。

 

スポンサーリンク

 

ドナルド・トランプ氏を祝福したい。万歳

 

私たちはともに暴言を吐く。

 

ささいなことについても暴言を吐く。

 

とコメントしたドゥテルテ大統領。

 

トランプ氏に仲間意識を持ったらしく、「私は誰ともけんかをしたくない」と、これまでのアメリカへの敵対的な姿勢を改めるようです。

 

情勢が不安になりつつあるフィリピンですが、このことで安全を取り戻せるといいですよね。

 

 

過激すぎる発言や行動の数々

 

ドゥテルテ大統領をgoogleで画像検索すると、4,5枚に1枚くらいの高確率で銃を持った画像がヒットします。

 

大統領が武器を手にした画像がこれほど多いというのは、なかなかないのではないでしょうか。

 

 

オバマ大統領に対しては敵対的だったドゥテルテ

 

先月10月4日、オバマ大統領に「地獄へ行け」などと発言して話題になりました。

 

薬物取引撲滅のための強硬姿勢に対し、強くアメリカ側が批判していることに対する不満をぶつけた形です。

 

このとき、「アメリカ政府は信頼できない同盟国」とも発言しており、縁を切る可能性すら示唆していました。

 

 

今後のフィリピンとアメリカ

 

オバマ政権下では、前述のとおり非常に険悪な関係であったフィリピンとアメリカ。

 

険悪といっても、アメリカ側は「フィリピンとは友好な関係にある」としており、フィリピン側が一方的に暴言を吐いていた状態でした。

 

しかし、ドナルド・トランプ氏が勝利し、ドゥテルテ氏が祝福したということで、今後はフィリピンの対アメリカの態度が軟化することが予想されます。

 

そうなれば、二国は良い同盟国同士、仲良くできることでしょう。

 

 

暴言は止まるのか

 

今回、ドゥテルテ氏は「誰ともけんかしたくない」とは言いましたが、「暴言はやめる」とは発言していません。

 

過激な発言自体はおさまらないのかもしれませんね。

 

矛先がアメリカでなくなるだけなのかもしれません。

 

 

過去には暴言を止める宣言をしたことも

 

つい最近の10月27日に、「暴言はやめると誓った」と宣言したものの、わずか数日で撤回した過去のあるドゥテルテ氏。

 

「冗談だった」などと信じがたいコメントをしていました。

 

今回のトランプ氏への祝福の言葉は、冗談ではないことを祈りたいですよね。

 

 

まとめ

 

・ドゥテルテ氏は、暴言好きなため「フィリピンのトランプ」の異名を持つ

 

・暴言好き同士親近感があり、トランプ氏の大統領就任を祝福

 

・アメリカへの敵対的態度を軟化し、「アメリカとの関係がよくなるように」願う

 

・暴言は辞めるとは発言していない

 

トランプ氏の暴言も止まるかどうかわかりませんが、できればお互い友好的でいられるよう、暴言なしの大統領になってほしいですよね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 政治