金メダル!男子柔道73kg級大野将平!かわいそうな停学を経て北京大会以来2大会ぶりの男子柔道金メダル!!

   

 

リオオリンピック、男子柔道で初の金メダルを大野将平が獲得!

 

決勝ではルスタム・オルジョイから一本勝ちを奪い優勝しました。

 

日本のお家芸「だった」柔道、ここのところぱっとしませんが、大野の金メダルを皮切りにメダルラッシュに期待したいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

大野将平

 

誕生日:1992年2月3日。

名前:大野将平

出身大学:天理大

所属:旭化成

 

2013年には世界選手権73kg級をオール一本勝ちで優勝。

 

2014年に天理大を卒業し、旭化成へ入社

 

2015年、世界選手権優勝。

 

リオオリンピックでは「最低でも金」とかつての金メダリストと同じ目標を立てていました。

 

 

準々決勝ではロンドンの金メダリストと対戦

スポンサーリンク

 

ロンドンオリンピック66kg級の金メダリスト、ジョージアのシャフダトゥアシビリと対戦しています。

 

強敵相手にも臆せず、早々に腰車で技ありを奪うと、その後は相手の攻撃もいなしつつ危なげなく快勝しました。

 

 

2013年には暴力問題の不祥事で登録停止処分

 

そんな大野将兵も順風満帆な柔道人生とはいえませんでした。

 

2013年、天理大在席時に、柔道部が暴力事件の不祥事を起こします。

 

天理大の柔道部は強豪で、いわゆる名門です。

 

しかし、内部での暴力行為は日常茶飯事。

 

暴力事件の現場に居合わせた大野は「止められなくて不甲斐ない。申し訳ない」とコメントしていました。

 

不祥事問題が明るみになった当初、大野しょうへい関わっていないと主張していたものの、実は後輩を2回平手打ちしていたことが発覚。

 

3ヶ月の停学処分を受けてしまいました。

 

当然、柔道部主将も解任。

 

ネット上では「かわいそう」という声が大きくなりました。

 

さて。

 

かわいそうでしょうか?

 

柔道は格闘技です。

 

そのため、血気盛んな大学生が多く在籍しているのは確かでしょう。

 

だからといって、暴力を容認していいものでしょうか。

 

「たった2回の平手打ち」だからといってかわいそうという反応は違うのではないでしょうか。

 

とはいえ、停学中は大学に言われる前にボランティアを始めるなど、反省の態度を示すとともに精神を鍛えました。

 

このことが精神面を強くした、と大野は語っています。

 

 

大野将平の今後

 

五輪が終わってから考えます。

 

オリンピック前のインタビューではそんなことを言っていた大野選手。

 

とりあえず旅行がしたいと言っており、仲がよく天理大にも度々練習に訪れていたダビッド・パポウ選手の住むスイスに遊びに行く計画もあるのだとか。

 

金メダルという偉業を成し遂げ、少し柔道の練習を休むのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

金メダル。

 

日本柔道では、北京大会以来2大会ぶりです。

 

今回のリオオリンピックは、治安の悪さなど環境面が厳しく、他の競技でも波乱が続いています。

 

そんな中、「緊張していた」という大野将平選手ですが、地力を発揮しての優勝です。

 

めでたいですね!!

 

 

スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - オリンピック, スポーツ