誤審のアジア最終予選、UAE側も浅野のゴール認める。「日本は不当な扱いと感じているに違いない」

   

 

9月1日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選、日本vsUAE。

 

主審を務めるカタール人による不可解な判定により、日本の得点は消え、失点に繋がるファールが取られました。

 

 

試合内容が圧勝だったとは言えず、この誤審が敗戦の全てとは言えませんが、ワールドカップ本戦へ繋がる最初の一戦だけに、不満をもつ人が多いですね。

 

なんと、この誤審について、対戦国であるUAE側のガルフニュース電子版でも扱っています。

 

カタール人の主審はUAE側に買収されていたのではないかという噂もあるだけに、対戦国側のニュース社が誤審を認めるのは驚きですね。

 

スポンサーリンク

 

疑惑の判定は1-2のビハインド、同点に追いつく場面で

 

日本は1点先制しながらも、2点を取り返されてしまい、逆転されていました。

 

後半残りわずかな場面でついに同点に結びつくチャンス。

 

酒井宏樹、本田圭祐とつないだボールを浅野拓磨がシュート。

 

やや当たり損ね、力のないシュートではありましたが、ゴール枠内へ飛び、一瞬ゴールの中へ入りました。

 

しかし、相手GKが掻き出すと、そのまま試合は続行。

 

日本側の抗議は認められず、結局得点にはなりませんでした。

 

 

納得できないチームメンバー・監督たち

 

この試合のマンオブザマッチには、なぜか負けた側の日本の本田圭祐が選出されまていますが、その本田圭祐も試合終了後のインタビューで

 

真横にいたので入っていたのが分かった。

 

とコメントしています。

 

また、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督も「この結果は受け入れがたい」とし、試合終了直後はすぐにはベンチから立ち上がれないほどでした。

 

試合後のインタビューにも、仏頂面で明らかに憤慨している様子で、「会見では誤審についてコメントしないわけにはいかない」と、カタール人審判の誤審について強く抗議をしました。

 

 

全体的にUAE側有利。中東の笛。

 

同じ中東の産油国でもあるUAEとカタール。

 

中東は宗教的つながりも強く、「自国の審判でないから自国有利の判定はしない」という常識は通用しません。

 

また、UAE側新聞社が誤審を認めていても、これで結果が覆るわけでもありません。

 

まだアジア最終予選は終わりではありません。

 

今からでも、中東の国との試合は中東以外の国が審判をするというルールを追加してもらいたいですね。

 

 

まとめ

 

 

UAEの新聞社2社が誤審を認める発言をしていますが、結果が覆らないことを理解した上での「ポーズ」とも考えられます。

 

これまでの多くの誤審がそうであったように、試合が終わってしまえば誤審も含めて正当な得点として扱われます。

 

 

今回の結果は納得のいくものではありませんが、そればかりにとらわれず、次の試合をしっかり取って本戦出場を目指してほしいですね。

 

 

中東の笛による不可解な判定。カタール人主審を買収か。

 

 

スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - スポーツ