マイナー市場特集!金魚市場や木材市場、中古車市場などががっちりマンデーで紹介される!

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

昔、金魚をお祭りでもらい、家に連れて帰ったことがありました。

 

我が主(猫)は、魚類は切り身のマグロにしか興味を見せないため、金魚が同居してもあまり興味を見せません。

 

一度だけ水槽に顔を突っ込んだことがありますが、金魚には目もくれず水を飲んでいました。

 

 


スポンサーリンク


 

 

11月20日放送のがっちりマンデーは、「変わった市場特集」です。

 

車好きなのため、「中古車オークション市場」をマイナー扱いされるのは釈然としないものがありますが、自動車離れが進んでいる今、中古車オークションというのはそれほどメジャーではないのでしょうね。

 

その他、がっちりマンデーで紹介される、それぞれの企業を調べましたので、ご覧ください。

 

 

モノを運ばない方法を突き詰める通販物流・プラスロジスティクス株式会社

 

物流といえば、運搬業。

 

モノを運んでナンボの企業ですよね。

 

しかし、プラスロジスティクスのモットーは、「どうすればモノを運ばないで済むか」だそうです。

 

いえ、社訓が「サボろう」とかじゃないんですよ。

 

いかに簡素化し、無駄な運搬をなくせるか。

 

そこを突き詰めて考えると、ひとつひとつの商品を運ぶ回数が減れば、効率的と言えるでしょう。

 

 

通販・アスクルを支えた物流会社

 

皆さんも聞いたことがあるでしょう。

 

アスクル(ASKUL)は、文房具などのオフィス用品の通販会社です。

 

それを影で支えているのが、このプラスロジスティクス株式会社です。

 

ちなみに、このプラスロジスティクス株式会社の親会社である、プラス株式会社も文房具の製造・販売を手がけており、アスクルのネットショップに商品が並んでいます。

 

 

成長を続けるプラスグループ

 

文房具・オフィス用品の製造・販売から、物流サービス。

 

そして、オフィスの内装工事や家具施工といった、技術的対応までもそのサービスの範疇に入るオフィスグループは、通常の物流企業の枠を越えたトータルイリュージョンにより、一歩先の満足度を目指しています。

 

 

金魚市場・株式会社マルウ

スポンサーリンク

 

愛知県弥富市にある、「金魚のマルウ」こと、株式会社マルウ。

 

伊藤恵造社長のもと、金魚好きが集まっています。

 

大正4年に設立された、由緒正しき企業です。

 

金魚の保有在庫は日本トップクラスで、高品質な金魚が毎週全国に送られています。

 

なお、マルウは金魚だけでなく、錦鯉も扱っているとのこと。

 

 

(株)日本金魚卸売市場

 

毎週金曜日に競りが行われる金魚市場。

 

こちらも、マルウが運営しています。

 

1日の取り扱い高はなんと50万匹近くに及ぶそうです。

 

ちなみに、弥富市には他にも東海観賞魚卸売市場、弥富金魚卸売市場という金魚市場があります。

 

なお、この競りは業者が参加するものではありますが、一般人でも事前に申し込むと見学が可能とのこと。

 

熱い競りを間近で見てみたい方は、ぜひ電話してみてください。

 

弥富金魚卸売市場(月曜日開催)

0567-67-0181

 

東海観賞魚卸売市場(水曜日開催)

0567-67-3181

 

日本金魚卸売市場(金曜日開催)

0567-65-1151

 

時間は12時30分開始です。

 

ただし、毎週開催とは限らず、特に冬は月1回の場合もあるとのことです。

 

見学したい方は、それぞれの市場に確認してみましょう。

 

ちなみに、がっちりマンデーでも放送された「せんまる」「せんせん」「せんかわ」などの符丁は、外部の人に金額をわからないようにするためだそうです。

 

 

中古車オークション業界最大手・株式会社USS(ユー・エス・エス)

 

がっちりマンデーに出演予定の方山直義さんは、2012年にUSS大阪でGM(ジェネラルマネージャー)をされているという記事がありました。

 

USSはUsed Car System Solutionの略とのこと。

 

安藤之弘社長は、自社ホームページで、正直に中古車オークション市場の低迷を嘆いています。

 

それでも、この業界の最大手であり、シェア33%を超える独走状態であるUSSは、一人勝ちの様相を示しています。

 

ちなみに、2位と3位のライバル企業が合併しても合計18%程度のシェアにしかならないということで、ライバルのM&Aも脅威ではないようです。

 

 

バーチャル・オークションサイト

 

車を移動させることなく、映像を通して、オフィスにいながらオークションが可能なシステムです。

 

現在、オークションの落札はUSS全体の50%がこのバーチャル応札システムによるものだとか。

 

ただ、今後実物を並べるオークション会場がなくなるわけではなく、あくまでその補完的位置付けとのこと。

 

個人的にも、車やバイクなどはやはり実物を見て見極めたいタイプなので、オークション会場を残そうとする方針は賛成です。

 

 

株式会社日田中央木材市場

スポンサーリンク

 

九州・大分県に本社を構える木材市場。

 

杉・桧(ヒノキ)・松などを取り扱うようです。

 

 

地球に優しいエネルギー・イオンバーク

 

木材の製造プロセスの過程で生まれる、自然にやさしい堆肥。

 

その名のとおり、イオンの効果で地温を上げ、効率的に農作物を育てることができるのだそうです。

 

愛知県の有限会社若葉に勤める神谷成章氏が発見し、特許を取得した「ケイエヌ菌」(KamiyaNaruakiですね)を利用しており、土中の塩度が上がりにくく、どんな環境でも育ちやすいとのことです。

 

 

通販は?お取り寄せできるの?

 

amazonや楽天などでは取り扱っていないようです。

 

近所のホームセンターにも行ってみましたが、店員さんに聞いてみても「知らない」とのこと。

 

あまり流通していないようです。

 

欲しい方は、電話で取り寄せることになりそうですね。

 

なお、お値段はなんと40Lで850円。

 

結構な重量になるため、通販だと送料が気になります。

 

連絡先は以下。

 

株式会社日田中央木材市場

0973-22-5117

 

 

まとめ

 

・豊洲市場が話題になっているが、「市場」は魚や野菜だけではない

 

・プラスロジティクスは、アスクルなどの物流を担う会社

 

・金魚の日本一は愛知県弥富市

 

・セリの見学は、月・水・金でそれぞれ別の市場で行われているが、毎週やるとは限らない

 

・中古車オークション最大手USSはシェア率33%で独走状態

 

・USSはバーチャルオークションなる、映像を通して中古車オークションをするサイトを運営している。

 

・木材製造過程で、地球に優しいイオンバークという堆肥が生まれた

 

 

以上です。

 

今回のがっちりマンデーは変わった市場の特集でした。

 

市場は直接一般人が参加する場ではないですが、その活気は見ているだけでも面白いですよね。

 

よりよい製品を消費者に届けるため、がんばって欲しいと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - がっちりマンデー, テレビ