まとばゆう 本名は?ピアノ収入が芸人の稼ぎより多い!YouTuberとして活躍?

   

 

女芸人No.1決定戦 THE Wがもうすぐ

はじまりますね。

 

今回はピアノ芸人・まとばゆうを

紹介します。

 

スポンサーリンク

 

まとばゆう

 

TV出演があまりない芸人さんですね。

 

2016年に、歌ネタ王決定戦に出場した

ことがありますので、それを覚えている

方もいるかもしれません。

 

 

プロフィール

 

名前:まとばゆう

 

本名:的場 優(まとば ゆう)

 

生年月日:1985年6月18日(32歳)

 

出身地:神奈川県横須賀市

 

血液型:A型

 

最終学歴:日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科

 

事務所:フリー

 

 

2017年8月までアミー・パークに所属

していました。

 

アミー・パークといえば、U字工事や

じゅんいちダビッドソンなどが所属

している事務所ですよね。

 

 

もしTHE Wをきっかけに大ブレイクする

ようなことがあったら、アミー・パークは

まとばゆうを逃したことを大きく後悔

することでしょう。

 

 

ピアノ芸はホンモノ

スポンサーリンク

 

ピアノを使った漫談が得意ですが、

芸人の片手間としての楽器演奏では

なく、ピアノの演奏業として、ホテルや

レストラン、老人ホームなど月20件の

コンサートをしている音楽家としての

一面も持っています。

 

作曲・ピアノ演奏ともに数々の賞を

受賞しており、ジャンルを問わず1000曲

以上のレパートリーを持っています。

 

 

芸人としての収入<音楽家としての収入

 

前述の通り、毎月20件以上のコンサートを

こなしているまとばゆう。

 

芸人としてはTVにはほとんど出ていま

せんでしたし、事務所を離れたことで

舞台に立つ回数も減っています。

 

結果、音楽家としてのコンサート収入が

芸人を大きく上回る結果に。

 

 

音楽家にならないの?

 

コンサートの依頼がたくさん入っており

芸人としてより収入が多いのであれば、

そちらに進むべきな気がします。

 

しかし、本人はあくまで芸人と音楽家の

両立を目指しており、ピアノ芸人として

活動することを望んでいます。

 

芸人としての露出が少ないことに悩んで

おり、YouTuberとしての活動も始めて

います。

 

 

YouTuber まどばゆう

スポンサーリンク

 

テレビではあまりみかけないまとばゆう

ですが、実はYouTubeのチャンネルを

持つYouTuberです。

 

チャンネルはコチラ。

 

https://www.youtube.com/user/yumatoba/videos

 

まだ知名度が低いためか登録者数は111人。

(THE W 放送前夜)

 

THE Wの放送でどのくらい増えるか

楽しみですね。

 

 

ピアノ漫談「手短に○○」

 

YouTubeで公開しているネタです。

 

最近はドラマやアニメを手短に説明する

シリーズが多いです。

 

お笑いのネタを文章で表現するのは

不可能ですので、動画でご覧ください。

 

引用:YouTube yumatoba

 

 

THE W では最下位の心配が?

 

本人のブログでは、

最下位だとしても、私はTHE_Wに

感謝しかないです

と綴っています。

 

本番前なので最下位かどうかはまだ

わかっていませんが、これまで売れて

こなかったことで少しナーバスになって

いるのかもしれませんね。

 

 

ゆりやんレトリィバァやアジアンなど

すでに実力が認められている強豪がいる

ため、たしかに優勝するには不安が残る

かもしれませんが、個人的にはそこまで

悲観することはないと思います。

 

 

ちなみに、1stラウンドは対戦形式ですので

最下位というランク付けはありません。

 

(10組のうち5組が1stラウンド敗退)

 

 

まとばゆうの対戦相手は、鳥取市広報室の

押しだしましょう子

 

押しだしましょう子 本名と芸名の由来は?出身大学があの有名女優と同じ!?

 

 

相手は素人ですが、準決勝では一番会場が

湧いていたとも噂されています。

 

ピアノでの歌ネタと、相撲ネタ。

 

どちらに軍配が上がるのでしょうか。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ピアノ芸人、まとばゆう。

 

なかなか日の目を見ることがなかった

芸人さんですが、ついに芸人として

No.1になれるかもしれないチャンスが

やってきました。

 

どこまで戦えるか、本番が楽しみですね。

 

 

 

アプリ作りました

 - お笑い