6月30日の秘密のケンミンSHOWはザンギ・津軽弁・イキってる?!北海道・青森・大阪特集!

   

 

秘密のケンミンSHOW。

 

今回は、北海道・青森・大阪の3道府県です。

 

地元の人間にとっては「常識」でも、他の地域の人にとっては摩訶不思議?

 

そんな地域限定の常識を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

北海道のザンギ

 

北海道といえば食べ物がおいしいことで有名ですね。

 

イメージとしては、やはり海鮮となるでしょうか。

 

そんな中、今回の特集では「ザンギ」という食べ物が紹介されます。

 

実はこのザンギ、ときどき全国のコンビニでも販売されていますので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

唐揚げにそっくりです。

 

では、唐揚げとは何が違うのでしょうか。

 

実はザンギも基本的には鶏肉の唐揚げです。

 

醤油だけでなく、しょうがやニンニクなどのさまざまな調味料を使って濃厚な味付けにしているのが特徴です。

 

 

発祥の地

 

北海道釧路市の「鳥松」が発祥と言われています。

 

なお、「ザンギ」は北海道だけでなく、中国や四国地方にもあるそうです。

 

ちなみに、この鳥松のご主人によれば、「ザンギ」という名前の由来は、中国語で「鶏のから揚げ」を意味する「ザーギー」に「運(ウン)がつく」ようにと「ン」を入れたのだとか。

 

 

唐揚げとザンギの違い

 

正確な定義がないようで、人によって区別が違います。

 

・味付けが濃いか薄いか

 

・調味料の違い

 

・衣の粉が小麦粉か片栗粉か

 

・衣に卵を使うか否か

 

このような判別方法を提言している人がいます。

 

また、北海道のザンギには鶏のから揚げでなく、魚介類のから揚げもあります。

 

その中でも知名度が高いのは「たこのザンギ」だそうです。

 

魚介類のから揚げに関しては、「ザンギ」の呼称でよさそうです。

 

鶏のから揚げに関しては、個人の好きなほうを呼べばいいようです。

 

 

青森県・津軽弁

スポンサーリンク

 

青森県の津軽弁は、日本一難解な方言として有名ですね。

 

テレビのバラエティなどでは笑い話で済んでいますが、医療現場では地元出身でない医師や看護師が患者の津軽弁を誤認するといった問題も起きているとか。

 

ちなみに、青森県全土が津軽弁というわけではなく、県内には南部弁や下北弁という方言があります。

 

これらの方言と津軽弁との違いも大きく、青森県民同士でも互いの方言がわからず、意思の疎通がとれないことがあるそうです。

 

さらには、同じ津軽弁でも、年代によって違うらしく、私の知人にも青森県出身の20代男性は、テレビで高齢の方が津軽弁を話していた内容が、まったく理解できなかったといいます。

 

難解な方言としては、他にも沖縄語がありますね。

 

こちらも、大きくは琉球語とまとめられますが、同じ琉球語である奄美方言や八重山方言との間での意思の疎通が難しいそうです。

 

沖縄出身の知人に沖縄語で自己紹介をしてもらったところ、かろうじて名前だけ聞き取ることができました。

 

 

大阪人がイラっとするのは

 

まず一番イラっとするのは「イキってる奴」

「イキってる奴」とは、いわゆる「調子に乗っている奴」です。

 

特に大阪の人は標準語を「かっこつけ」と捉えがちです。

 

そのため、おしゃれに気を使って女性にモテようと努力している人はすべて「イキってる奴」に該当します。

 

私の周りの大阪府民に聞き取り調査をしたところ、この「イキってる奴」のほかに腹立たしいのは

 

大阪なら漫才できるんでしょ

 

と言われることだそうです。

 

たしかに、県民性(府民性?)として、明るい人が多いのは事実です。

 

漫才やコントが好きな人は多いですし、劇場に足を運ぶ人も多いです。

 

ですが、見ることとやることは違います。

 

芸人をある種憧れをもって見ているそうで、それを素人の大阪出身の自分に突然無茶ぶりされても困る、ということでした。

 

大阪府民にかかわらず、「○○出身なら××なんでしょ」という型にはめた物言いはイラっとしますよね。

 

 

まとめ

 

日本は他の国からみると非常に狭い国土ではありますが、やはりそれでも各地域によって違いが大きいですね。

 

各地域の違いや特徴を知るのはとても興味深いです。

 

ですが、その地域の人が全員その特徴を備えているかはまた別の話です。

 

血液型占いもそうですが、決め打ちで相手の特徴を思い込んでいると、全く違うことで軋轢を生むことがあります。

 

気を付けましょう。

 

 

スポンサーリンク

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - グルメ, 芸能