IPPONグランプリ2016秋、出場者は誰?優勝経験者が半数を占める大激戦!初出場組の3人もチェック

      2016/11/19

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

寒くなってきました。

 

我が主(猫)が膝から離れず、立ちあがろうと片足を立ててもまだ膝にすがり付いて離れません。

 

仕方がないので、必要なものは全て座っている場所の近くに配置しました。

 

便利ですが、運動不足になりそうです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

IPPONグランプリ2016、秋の陣開幕。

 

松本人志がチェアマンを務める、最も大喜利が得意な芸人を決める戦い、IPPONグランプリ。

 

今大会はどんな顔ぶれでしょうか。

 

それぞれの出場回数と優勝回数などもまとめましたので、確認ください。

 

 

お題・優勝者は!?

 

スポンサーリンク

 

IPPONグランプリ本戦出場者

 

IPPONスカウト優勝者を除く、本戦出場者はすでに決まっています。

 

確認しておきましょう。

 

(名前は五十音順です)

 

 

秋山竜次(ロバート)

 

第8回、第11回優勝。

 

今回で4大会連続、7回目の出場になります。

 

決勝進出数は前回までで4回と、かなりの好成績ですね。

 

ゲストのかたせ梨乃さんに色目を使う場外乱闘が恒例となっています。

 

今回も当然、かたせ梨乃さんがゲストにいらっしゃいます。

 

 

川島明(麒麟)

 

前回2016年6月11日の大15回大会では、元キングオブコメディの今野浩喜とともにIPPONスカウトからダブル優勝で出場しました。

 

独特の低音ボイスは、大喜利向きですね。

 

今回はスカウト経由でなく、本戦からの出場です。

 

前回は初出場ながらも、同組に絶対王者・バカリズムや優勝経験のある堀内健、博多大吉などに食らい付き、あと一歩で決勝進出というところまで進みました。

 

 

千原ジュニア(千原兄弟)

 

第7回優勝。

 

今回で6大会連続13回目の出場です。

 

ここしばらく優勝どころか決勝にも進めていません。

 

なお、決勝へは3回進出しており、その3回とも相手がバカリズムです。

 

初期の頃はこの二人がツートップでしたね。

 

実力が落ちてきているというより、他の芸人が伸びてきているという印象です。

 

 

中岡創一(ロッチ)

 

初出場。

 

ロッチのボケのほうですね。

 

ちなみに、ロッチのコントのネタ作りは相方のコカドケンタロウが担当しています。

 

リアクション芸に定評のある中岡創一は、初出場でどこまで爪あとを残せるでしょうか。

 

 

永野

 

初出場。

 

前回2016年6月4日に行われたIPPONスカウトでは、ペーパーテストをクリアし、スタジオでの決勝に進んだものの、惜しくも川島や今野に一歩及ばず。

 

今回はそのスカウト時の能力を買われ、本戦にお呼びがかかりました。

 

 

バカリズム

 

第1回、第3回、第5回優勝。

 

今回で14大会連続15回目の出場です。

 

ほぼレギュラーですね。

 

とにかくサドンデスに弱く、他の芸人たちが大喜利に慣れてきた現在、突き放した得点が取りにくいために決勝に顔を出すことも少なくなりました。

 

とはいえ、大喜利の力は衰えていません。

 

そろそろ優勝しないと、絶対王者と呼ぶ人が少なくなってきそうです。

 

頑張って欲しいですね。

 

 

ふかわりょう

 

初登場。

 

一言ネタを得意とするふかわりょう。

 

大喜利と一言ネタは親和性がありそうですが、どうなるでしょうか。

 

 

堀内健(ネプチューン)

 

第6回、第9回優勝。

 

今回で6大会連続11回目の出場です。

 

場を混乱させるタイプの芸人さんですよね。

 

周囲が本来の力を出せなくなったおかしな空気の中、一人ホリケンだけは何を言っても面白くなるというようなホリケンワールドを展開することも。

 

ちゃんと大喜利として場が成立している状態で優勝者を決めて欲しいところですが、実はちゃんとした大喜利をすることもある、よく読めない芸人です。

 

 

若林正恭(オードリー)

 

前回第15回優勝。

 

今回で4大会連続6回目の出場です。

 

オードリーの目立たないほうこと、若林正恭。

 

実は6回も出場している、実力者です。

 

前回優勝に続き、2連続優勝となるか?

 

なお、今まで2大会連覇を成し遂げた芸人はいません。

 

偉業達成となるか、楽しみですね。

 

 

最後の1枠、IPPONスカウト優勝者は?

 

放送は11月12日15時からです。

 

前回第15回は、麒麟の川島明と元キンゴオブコメディの今野浩喜が出場しました。

 

今回は誰が出てくるのか。

 

判明次第、追記予定です。

 

追記・とろサーモン・久保田和靖でした!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - テレビ