羽生結弦がビッグマウス!俺様化にも拍車?それでも魅了される人多数!カナダ大会も羽生一色!

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

ホストによくいる「オラオラ系」の、いわゆる俺様タイプの人間は、好き嫌いがわかれますよね。

 

特に男性は同性相手に「相手にひっぱってもらう」とはなりにくいため、否定的なイメージをもつかたが多い気がします。

 

ちなみに、私は猫で慣れているので、我が道を行くタイプは大好きです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ソチ五輪あたりから、じわじわと俺様化がはじまっていると話題の、日本男子スケート界のプリンス、羽生結弦。

 

昨シーズンはフィギュアGP3連覇、世界記録更新とすばらしい成績でした。

 

しかし、その裏でインタビュー等のビッグマウスっぷりが話題に。

 

もともとは優等生で、礼儀正しいキャラクターだったのですが、イメージチェンジでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ビッグマウス

 

(東日本大震災への思い)

ソチオリンピックの日本人金メダリストは僕一人ですし、19歳の金メダリストというのも僕一人です。

 

自分の中ではこれまでと変わりないのですが、誰とも同じではない唯一の存在、特別な立場の人間になったことで、たくさんの人に伝えなければいけないことがある。

 

 

(昨シーズン、映画「陰陽師」のサウンドトラックを用いたフリープログラムについて)

 

まずここまで和のプログラムを演じられるのは今の日本男子でたぶん僕だけ。

 

asagei plusより引用

 

自分自身で「特別な立場」と言っている通り、自分はすごいのだという思いが伝わってきますね。

 

実際に圧倒的な成績を叩き出している以上、その辺にいる「口だけ男」とは別格ではありますが、だからといって許容できない人がいるのもわからなくはありません。

 

 

自分を奮い立たせるため?

 

羽生結弦のビッグマウスは、ソチオリンピックあたりから顕著のようです。

 

ソチ五輪といえば、羽生選手が金メダルを獲得しています。

 

すでに全日本選手権2連覇、さらにGPシリーズでも銀や金を量産していますが、オリンピックというのはまた別の重みがあるのでしょう。

 

その重圧を撥ね退けるため、わざと強気な発言で自分を追い込んでいるのではないでしょうか。

 

 

それはねえだろ。お前!

スポンサーリンク

 

今年3月に行われた世界選手権で、デニス・テンに複数回に渡り練習を邪魔されたとして、日本語で激怒したという報道がありましたね。

 

それまでは日本フィギュアをひっぱるエースとして、優等生なイメージを持っていた人が多かっただけに、かなり驚いた方が多かったようです。

 

また、演技直後の「よっしゃー!みたかー!」という発言も、直前に邪魔をしたデニス・テンへ向けての叫びだと思われ、一部のファンから自分本位ととらえられてしまいました。

 

ただし、この件に関しては、仕方の無い部分があります。

 

以前、練習中に選手同士で衝突し、大怪我をしたことがあり、神経質になっていることが原因のようです。

 

 

アゴ7針頭3針の大怪我

 

覚えている方も多いでしょう。

 

2014年中国杯で、公式練習中に中国の閻涵(えん かん)選手と接触。

 

日本は現地に医師を帯同しておらず、アメリカの医師に応急処置を受け、包帯を巻いたままで演技に臨みました。

 

5回も転倒し、ボロボロになりながらも、「回転しきってから倒れている」ということでジャンプの加点などがあり、また他の選手の調子も悪かったことなどから中国杯は2位、そしてグランプリファイナルでは優勝という、まさに悲劇のヒーローとなりました。

 

とはいえ、下手をすれば選手生命が絶たれる可能性すらあったほどの大怪我でした。

 

これ以来、練習中の衝突に関してナーバスになっているようです。

 

 

問題は怒った事ではなく、言葉遣い

 

国際大会で相手に注意するにしては、乱暴すぎるということで、元々の優等生イメージともあいまってだいぶ批判されました。

 

たしかに、国を代表する選手として「それはねえだろ」は、ねえだろ、という意見も最もです。

 

接触事故に神経質になっていたとしても、公の場で国を代表しているのであれば、丁寧な言葉遣いにするべきだ、という主張もわかります。

 

 

強気な態度が賛否両論

 

ビッグマウスや、邪魔をした相手を怒鳴るなどの俺様っぷりに、「調子に乗ってる」「生意気」などと否定的な意見が出る一方、「俺様っぷりがステキ」「カワイイ」などの声も。

 

結果を出せている羽生結弦だからこそ、肯定されている部分は少なからずあるでしょう。

 

逆に、成績が悪くなれば、これらの言動は一気に叩かれます。

 

おそらく、本人もそれをわかった上での態度なのでしょう。

 

 

まとめ

 

羽生結弦が、清廉潔白な優等生ではなく、自分を特別な人間だと思い、自分本位な言動をすることが(たまに)あるのは事実です。

 

ただ、大言壮語なのではなく、実力が伴っていることを考えると、批判されることでもないような気がしますね。

 

「異次元の演技」と海外でも絶賛されている間は、「俺様が日本フィギュアをひっぱって行く」という強気な姿勢でガンガンフィギュア界を盛り上げて言って欲しいと思います。

 

 

有言実行の4連覇へ!?カナダ大会滑走順など

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - スポーツ, フィギュアスケート