濱田祐太郎はバリバラや24時間テレビなどチャリティ番組以外でこの先生き残れるのか?

   

 

2018年のR-1ぐらんぷりで盲目の漫談家

濱田祐太郎が優勝しました。

 

ネットや審査員などの中には、障がいを

笑っていいのかどうか困惑している人も

いたようで、優勝直後から今後の活躍を

心配する声が出ています。

 

スポンサーリンク

 

目が見えないだけじゃなく今後のビジョンも見えない!

 

このセリフは濱田祐太郎自身が漫談の

中で言ったセリフです。

 

個人的には爆笑したのですが、隣で

見ていた知人は笑わないどころか、

笑っている私をも「悪人」のような目で

見てきました。

 

ネット上でも同様のコメントをしている

人もいましたし、そういう反応をする人が

多いであろうことは想像に難くありません

よね。

 

 

笑っていいのか、だめなのか

スポンサーリンク

 

「笑わせている」のか「笑われている」のか

というのは大きな違いがあると感じています。

 

後者はいじめにつながりますが、前者は

自発的なものなのでいじめではありません。

 

一般的な障がい者を笑いものにするのは

後者で、芸人である濱田祐太郎の障がいの

自虐は前者です。

 

この違いをはっきり認識できていれば、

笑えるのではないかと思います。

 

 

時代が早すぎた?もしくは遅すぎた

 

正直、今の時代には障がい者芸人は受け入れ

られ難いでしょう。

 

昭和のなんでもありの時代であれば、

もしくは時代が進んで障がい者に過剰な

意識をするという差別がなくなった世界

であれば、問題にならないのでしょうね。

 

ちょっとしたことが差別だ偏見だと騒がれる

今の時代、本人がよくても周囲が問題視

するため、テレビなどでは使いにくい状況に

なってしまうでしょう。

 

 

共演者がNG連発する可能性

スポンサーリンク

 

障がい者芸人本人の自虐なら辛うじて

アリとみなす人であっても、健常者が

障がい者を弄るのは快く思わないという

場合が多いはずです。

 

どこまで踏み込んでいいのかの線引きが

曖昧な現状では、共演者も笑いに結び

つけるのは非常に困難ですよね。

 

もともと好感度の低いタレントであれば

ささいな行動が大炎上につながりかねず、

人気タレントには必ずアンチ(嫌悪する人)

がいる今、共演はリスクばかりが高く、

リターンの少ない行動となります。

 

できれば共演したくない、というタレントが

多そうですよね。

 

 

一般向けではない?

 

テレビは老若男女、誰もが見ることの

できる娯楽です。

 

ですので、まだ物事の判別がつかない

子供たちも見ています

 

となると、濱田祐太郎を面白いと感じる

ようになれば、視覚障がい者に対して

同じように弄ってしまう危険があります。

 

芸人ではない視覚障がい者は、先ほどの

例でいえば「笑われる」ことになります。

 

自発的に「笑わせている」わけではないので

不快に感じることもあるでしょう。

 

濱田祐太郎を子供には見せたくないという

親は多いのではないでしょうか。

 

 

じゃあどうすればいい?

 

個人的には、濱田祐太郎の自虐ネタを

面白いと感じています。

 

ですが、テレビ向きではないとも

感じています。

 

であれば、ライブがいいのではないで

しょうか。

 

ライブであれば、お金を払わないと見る

ことができないため、「嫌なら見るな」が

通ります。

 

芸人と障がい者を分けて考えることが

できるファンだけが集まった舞台で漫談を

するのが一番問題が起きにくいはずですよね。

 

テレビとライブのギャラの違いを考えると

濱田祐太郎自身はテレビに出たいかも

しれませんが。

 

 

24時間テレビのオファーが来たら?

スポンサーリンク

 

障がい者を売り物にするという悪評が立つ

ことの多いチャリティ番組、24時間テレビ。

 

優勝後のインタビューでオファーが来たら

どうするか聞かれた濱田祐太郎は

「ギャラをいただけるなら出ます」

といいつつも、

「健常者と障がい者の架け橋の役目は違う」

とも答えています。

 

今年の24時間テレビにはほぼ間違いなく

出演オファーは来るでしょうね。

 

 

ギャラは出るのか出ないのか

 

重要なポイントですね。

 

24時間テレビは、出演するタレントには

高額なギャラが支払われているものの、

出演する障がい者にはほとんど払われて

いないと言われています。

 

濱田祐太郎が出演するとしたら、どちらの

立ち位置になるでしょうか。

 

本人は、「ギャラが出るなら」と答えて

いるため、タレントとしてなら出演する

ということになります。

 

今年の24時間テレビは今まで以上に

気になりますね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

障がい者と笑いというのは非常に

デリケートな問題ですよね。

 

障がい者を笑うことが差別につながる

危険があることはわかりますし、

目が見えないことを笑っていいか迷う

という気持ちもよくわかります。

 

濱田祐太郎はR-1ぐらんぷりで優勝

しましたが、一般に受け入れられる

芸人ではないことは間違いありません。

 

ライブなど、「濱田祐太郎のネタを

見たい」という人だけが見れる場で

活躍していくべきなのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 


アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 消えた芸能人