二重国籍問題の謝蓮舫氏、民進党代表選で過半数の勢い

   


スポンサーリンク


 

こんにちは、猫の下僕です。

 

まだまだ暑く、猫が私のふとんにもぐりこむ日は遠いです。

 

冬が待ち遠しいですね。

 


 

 

 

台湾籍との二重国籍問題に揺れる謝蓮舫こと村田蓮舫氏。

 

国民が騒動に注目する中、今月9月15日には民進党代表選が行われます。

 

議員辞職どころか、代表選の辞退すらしなかった蓮舫氏。

 

このままいくと、直前まで台湾籍を持っていた人物が最大野党の党首ということになってしまいそうです。

 

スポンサーリンク

 

代表選はどのように行われる?

 

そもそも、民進党の代表選はどのように行われるのでしょうか。

 

参議院や衆議院といった、国会議員の選挙は国民による投票の結果、選ばれます。

 

しかし、民進党代表選は、民進党に所属する議員とサポーターによって行われます。

 

党の代表者を決める選挙なので、一般の国民の意見を取り入れる必要はないということなのでしょう。

 

今回の民進党代表選候補者は、3人です。

 

 

謝蓮舫

 

本人は「蓮舫」と名乗っていますが、日本では芸名のまま政治活動を行うのは許されないのではないでしょうか。

 

なぜ自民党など、民進党以外の議員が声を上げないのか不思議です。

 

彼女はtwitter上の公式アカウントではrenho_shaと名乗っています。

 

この謝という苗字は、父親の姓であり、本人も「父親が台湾人であることを誇りに思っている」と語っています。

 

自身の父親を誇りに思うことそのものはすばらしいことです。

 

ですが、それと「政治活動のための情報発信をするtwitter上で台湾姓を名乗る」ということは別問題です。

 

さらに、彼女はすでに結婚しており、「村田」という姓を持っています。

 

村田蓮舫。

 

この苗字をご存知の方はどの程度いるのでしょうか。

 

なお、謝蓮舫氏の政見では、「新世代の民進党」として、政権交代可能な野党を目指すとしています。

 

そのために信頼を取り戻す、と言っていますが、現時点で嘘だらけのコメントで二重国籍問題を逃げ続けた蓮舫氏に「信頼」の二文字はどれほどあるのでしょうか。

 

 

前原誠司

 

事前調査ではだいぶ溝を空けられているものの、2番手に着いている前原誠司氏。

 

2005年に民進党の前身である民主党の代表に選ばれています。

 

その際も「批判政党に終始しない」とし、実行不可能な案を出したり、ただ与党の案を否定するだけではなく、対案を提案できる野党を作っていこうとしていました。

 

また、今回の代表選でトップを走っている蓮舫氏とは逆に、中国脅威論を主張しています。

 

2005年代表時代には、中国での講演で「中国を軍事的な脅威であると見なす声が増えている」と発言し、その後の胡錦濤国家主席との会談がキャンセルされる事態にまで発展しました。

 

その後も、謝罪するのではなく、「上辺だけでの友好は砂上の楼閣」とし、発言を撤回する意思は見せませんでした。

 

親中派が多い野党の中では異色の見解を持つ前原誠司氏。

 

対中路線に限って言えば、最も適した人材のような気がしますね。

 

 

玉木雄一郎

 

東京大学法学部を卒業し、その後ハーバード大学ケネディスクールへと進学。

 

ケネディスクールとは、ハーバード大学の大学院です。

 

公共政策・国際開発分野における世界最高峰の大学院で、リーダーシップ育成などが特徴のようです。

 

玉木雄一郎氏は、今回の代表選を「国民のための代表選」にしなくてはならないと謳っています。

 

これまでの内向きの「個人的な好き嫌いや派閥の論理に振り回され」るのではなく、我が国の行く末を骨太に議論すべきとしています。

 

「民進党は国民の信頼を得られず危機のただ中にいる」と考えており、今回の代表選で生まれ変わろうと考えているようです。

 

ただ、玉木雄一郎氏自身に代表経験や大臣経験がないためか、党内の人気はイマイチ。

 

事前調査の結果も芳しくありません。

 

なお、政見では「攻めの経済政策」を標榜しており、人工知能や第4次産業革命を踏まえ、20年続く経済の停滞へ終止符を打とうと呼びかけています。

 

玉木雄一郎氏はカジノ誘致にも賛成の立場を示していました。

 

攻めの経済政策の名に恥じない姿勢ですね。

 

 

代表選動向

スポンサーリンク

 

我々国民は投票をすることができないため、事態を見守ることしかできません。

 

毎日新聞による事前調査では、蓮舫氏が過半数を越える見込みであり、次点の前原誠司氏と大きく開きがあるために、「決選投票」が行われず、1回の投票で決着する可能性が高いようです。

 

民進党内部では、蓮舫氏の「二重国籍問題」は存在しなかったかのように扱われており、「一般党員には蓮舫氏の人気が高い(北海道連幹部)」「発言力が抜きんでている(広島県連幹部)」とのこと。

 

我々国民の意思を蔑ろにした、党内だけしか見ていない代表選騒ぎ。

 

まさに野党にふさわしい間抜けっぷりですね。

 

本気で野党から与党になるつもりであるのであれば、党内の人気で選ぶのではなく、国民の信頼する人物が代表になるべきです。

 

候補者にそのような適任者がいるかどうかは不明ですが、すくなくとも二重国籍をうやむやにしようとしている人よりは他の人のほうがまだマシではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

二重国籍問題が片付いていないまま行われることになる民進党代表選。

 

「私は生まれたときから日本人」とテレビでコメントした蓮舫氏は、未だ台湾籍を持ったままの可能性があります。

 

また、父親が台湾籍ではありますが、台湾生まれではなく、中国からの移民だそうです。

 

蓮舫氏は、父親が育った場所を見たかったという理由で北京大学に進むなど、強く中国に思い入れがあるようです。

 

そのような考えの持ち主に、対中国で日本の国益を第一に考える冷静な判断ができるのでしょうか。

 

一人の人間としてであれば、父親を尊敬し、父親の育った国に対し魅力を感じるのはいいでしょう。

 

しかし、最大野党の党首としてはいかがでしょうか。

 

しかも、民進党は与党の座を狙っているのだそうです。

 

仮に実現した場合、中国の親日派なのか日本の親中派なのかわからないような政党が実権を握ることになりかねません。

 

民進党党員はもう少し日本のことを考えて代表選に投票をしてほしいですね。

 

 

「私の国籍は台湾なんですが」 97年に雑誌CREAで告白していた!

 

 

18歳では台湾国籍は放棄不可!現在も台湾籍所持か!?

 

 

スポンサーリンク

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 政治