朝鮮学校への都有地貸与白紙へ!この公約に反発をする東京新聞・・・

   

 

新都知事、小池百合子氏は8月5日、就任後初の定例記者会見を行いました。

 

枡添要一前知事との違いを強調する内容で、海外出張費の削減や豊洲新市場、朝鮮学校への都有地貸与を見直しなど、公約として掲げていたものを改めて強調しました。

 

朝鮮学校を白紙撤回し、都民のために活用するとしたことに対し、東京新聞が反発、韓国人側に立って問題視しています。

 

 

スポンサーリンク

 

朝鮮学校白紙撤回に反発する東京新聞

 

そもそも、この朝鮮人学校への都有地貸与は、前知事である枡添要一氏が2014年に訪韓した際に、 朴槿恵(パククネ)大統領と会談して約束したという経緯があります。

 

この事実を踏まえ、東京新聞は「韓国側の反発や不快感を招く可能性」を指摘し、朝鮮学校の白紙撤回を問題視しているのです。

 

これに対し、小池百合子都知事は

 

いつ、どこで、どういう形で決められたのか分からない。地元にも十分な話がなかった。

韓国の関係者に説明していく必要はあるかと思うが、ここは東京であり日本なので、わが国が主体となって判断する。

 

としており、日本人による日本の首都という意識を強く持つことを強調しました。

 

なお、反発している東京新聞は、韓国側の立場に立ち、

 

韓国人学校側は児童生徒の増加で手狭になっているとして増設を希望している。

学校関係者は「都民の声は理解できるが、トップ同士の約束が守られず、とても残念だ」と話した。

 

と伝えています。

 

 

韓国人学校?

 

東京新聞は、朝鮮学校のことをなぜか韓国人学校と呼んでいます。

 

なぜでしょう。

 

日本にある、韓国語で勉強をする、「在日朝鮮人」のための学校は「朝鮮学校」と呼ばれています。

 

しかし、韓国人にとって「朝鮮」は蔑称だそうです。

 

そのため、朝鮮学校ではなく、韓国人学校と呼ぶようにしているようです。

 

ところで、朝鮮学校には、韓国を起源とする在日朝鮮人だけでなく、北朝鮮を起源とする在日朝鮮人もたくさんいます。

 

北朝鮮を起源とする人は韓国人ではありません。

 

よって、韓国人学校と呼ぶと北朝鮮系在日朝鮮人の存在を無視していることになるのですが、どうなのでしょうか。

 

そもそも「在日朝鮮人」は韓国人でも北朝鮮人でもないというスタンスだったはず。

 

韓国人学校と呼ぶと北朝鮮の反発が予想されそうですがどうなんでしょうね。

 

 

 

朝鮮学校にする予定だった土地はどうなる?

スポンサーリンク

 

保育園や高齢者施設など、「日本人」の都民への施設として活用するとしてきた小池百合子氏。

 

都民は、都知事選でその公約を持つ小池百合子氏を選びました。

 

都民の声は「朝鮮学校ではなく高齢者や幼児のために活用しろ」と言っています。

 

待機児童問題の解決のためにも、ここはぜひ保育園関連の施設にしてほしいですね。

 

 

まとめ

 

朝鮮学校は児童が増加し、手狭になっているために増設を希望していたそうです。

 

ですが、対象者の増加による施設の許容量不足で言えば保育園のほうが圧倒的に足りないですよね。

 

優先度を考えれば、小池百合子氏の判断は当然の決断です。

 

これまでの政治家たちはなぜか韓国が大好きすぎてそちらの要望ばかり聞いていました。

 

ついに、日本を優先する日本人の都知事が誕生しましたね。

 

ただ、現状では予定が白紙になっただけで、保育園や高齢者施設が建つ計画が進んでいるわけではありません。

 

白紙に戻してからまた朝鮮学校の計画が進むという不思議な現象が起きないとも限りません。

 

日本人のための施設が実際に建って、はじめてこの土地が日本のために使われたと判断できるでしょう。

 

最後まで気が許せません。

 

 

スポンサーリンク

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 政治, 経済