チアダン マキ 過去のトラウマが悲しい!カッターは冤罪 親友に裏切られ人間不信に

   

 

ドラマ版チアダンの孤立しがちなヤンキー娘

マキ(柴田茉希)が心を閉ざしたとされる

中学生時代に起こした問題の顛末が

語られましたね。

 

冤罪なうえにとんでもないことが

起きていました。

 

私が当事者だったとしても不登校かつ

人間不信になったことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

カッター事件概要

 

マキ(柴田茉希)はもともと人見知りを

するタイプで、仲良くなるまで時間が

かかる子でした。

 

中学校でやっと仲良くなったカホ(夏穂)と

常に一緒にいたことで、同級生の男子から

お前ら付き合ってるんだろ

と茶化されることに。

 

男同士・女同士で仲がいいとすぐに

同性愛に結びつけるのは最近の若い子

たちに多い気がしますね。

 

 

朝教室に入ると黒板にマキとカホが

付き合っているという内容の落書きが

されていました。

 

消そうとするマキと落書きをした男子生徒が

押し合いになった際、男子生徒が机に

つっぷします。

 

机に置いてあったカッターを見て、

その男子生徒は

うわー、カッターで刺されたげー

と騒ぎ出します。

 

これが、マキの中学時代の「男子生徒を

カッターで刺した」という事件です。

 

冤罪ですね。

 

 

男子生徒、当時は半分ギャグだった

スポンサーリンク

 

カッターに関して、学ランの上から腕に

当てるだけで実際に怪我をしていません。

 

実際にカッターで大怪我をして、それを

マキのせいにしたというレベルでなく

ただカッターを手に持って「ヤラレター」と

ふざけただけでした。

 

 

それがどんどんオオゴトに

 

カッターで刺されたとする男子生徒は

ニヤニヤしながら騒いでおり、本気で

傷害が発生したことにしようとしたわけ

ではなかったように見えます。

 

むしろ、取り巻きからのツッコミ待ち

だった可能性が高いです。

 

しかし、高校生になった今でもマキは

「中学のとき男子生徒を刺した」という

噂が残っており、オオゴトになってしまって

います。

 

当時悪ふざけをしたあの男子生徒は

今の状況をどう思っているのでしょうね。

 

 

カホ(夏穂)の最悪・最低な反応

スポンサーリンク

 

このカッター騒動では、主犯格の男子生徒

だけでなくカホにも大きな問題がありました

 

マキと一緒に黒板を消すのではなく、

周囲と一緒に「マキがカッターで刺した」

とはやし立てたのです。

 

いくら女子同士で付き合っていると思われ

たくなかったとはいえ、友達を見捨てる

のは最低ですね。

 

 

友達に裏切られたマキは

 

カホと付き合っていると言われたことや

カッターで刺したとされることそのものより

マキにとってはカホが離れていったことの

ほうがダメージが大きかったようです。

 

信じていた友人が周りと一緒に自分を

カッターの犯人だと責め立てたことは

多感な中学生にとって人間不信になるのに

十分です。

 

どうせ裏切られるなら、最初から

信じとんけばいい。

 

今でも口癖のように何度もこのように

言っているマキの態度はこのときの

トラウマが原因ですね。

 

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

マキの過去の「カッター事件」は完全な

冤罪でした。

 

しかも、当時親友だったはずの子が

周囲と一緒にはやし立てたことで

人間不信になってしまったわけですね。

 

友達だったはずの子が周囲と一緒に

敵になるというのはイジメの現場で

よくあることです。

 

自分もいじめられたくない、茶化され

たくないという一心で逃げたその行動が

相手にどれだけのダメージを与えるか。

 

マキはROCKETSで少しずつ笑顔を

見せるようになっていますが、この

トラウマが癒されるのはまだまだ

先のことになりそうですね。

 

 

アプリ作りました

 - チアダン ,