牛かつ?ビフカツ?東西で呼び名が違う!どっちが正しい?

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

 

牛かつ、人気ですよね。

 

上野や秋葉原でも、名物になりつつあります。

 

しかし、それに待ったをかけたのが神戸民。

 

兵庫県では、昔から食べられていたようです。

 

スポンサーリンク

関連:秘密のケンミンSHOW記事はコチラ

 

牛かつビフカツの本場は神戸!

 

そういえば神戸といえば神戸牛。

 

産地ですよね。

 

 

牛かつという呼称はおかしい!

スポンサーリンク

 

最近流行り始めた関東の牛かつ。

 

兵庫では、昔からビフカツ。

 

ということは、兵庫の方々の言う、

牛かつという呼称はおかしい!

 

という主張は正しそうですね。

 

 

兵庫ならどこにでもある!

 

標準的な食べ物ということで、どこでも食べられるそうです。

 

東京で並ぶくらいなら、兵庫へ!

 

 

ソースが違う!

 

関東では、わさび醤油や、岩塩が多いですよね。

 

兵庫県では、デミグラスソースが主流のようです。

 

うどんなどのように、論争になりそうですね!

 

個人的には、それぞれ別物として全国で食べられるようになるとうれしいです!

 

 

兵庫版ビフカツの作り方

スポンサーリンク

 

使用するのはサーロイン。

 

脂をカットして、厚さ2cmに。

 

小麦粉・パン粉をまぶし、フライパンで焼く!

 

浅めの油で一旦焼いてから、オーブンで焼きます。

 

デミグラスソース!

 

これがあれば、安いお肉がおいしくなるそうです!

 

おいしそう!!

 

 

オールドスタイル

 

リブロースを叩いて薄く延ばし、荒めのパン粉でしっかり揚げてます。

 

薄く切った肉にしっかり目の焼き具合。

 

これが昔ながらのビフカツだそうです。

 

こちらのほうが、おいしいとのこと。

 

 

ヘレビーカツレツ

 

こちらば分厚くレア。

 

関東の牛かつに近いですね。

 

 

どちらも選択できるのが神戸流

 

 

気分によって厚いもの、薄いものが選べるのがうれしいですね!

 

 

昔は東日本でもビフカツが食べられていた

 

 

明治の時代には、全国でビフカツ(カツレツ)が食べられていたようです。

 

しかし、東日本はトンカツが人気に。

 

ビフカツの文化は廃れてしまったようです。

 

 

Twitterでの反応

 

ケンミンショーのビフカツおいしそう

牛カツとか初耳。ビフカツっしょ

薄いほうがビフカツ感あるな

食いてえ

 

引用:twitter

 

ちょうど夕飯の時間。

 

今日のお母さんはだいぶプレッシャーがかかりそうですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - テレビ