アメトークで紹介されたロボホンがかわいすぎる!いくらで買えるの?

   

 

こんにちは。

 

猫の下僕です。

 

アメトークが日曜日に、しかもゴールデンタイムに放送されるようになりましたよね。

 

平日の深夜と違い、眠い中起きて翌日に影響を与えないので大助かり!

 

 


スポンサーリンク


 

 

12月11日のアメトークは、家電芸人SPでした。

 

劇団ひとりが紹介した、ロボット型スマホ「ロボホン」がかわいかったので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

歩く!座る!立ち上がる!!

 

日本語で「歩いて」「座って」と声をかけると、反応して動きます。

 

あのアイボを彷彿とさせる愛らしさです。

 

 

最新のニュース、占い、天気予報を教えてくれる!

 

スマホなので、ネットに繋がります。

 

ネット経由で、最新の情報を取得し、かわいい声でしゃべってくれます。

 

 

カメラ付き!

 

額に搭載されたカメラで撮影してくれます。

 

しかも、顔認証機能がついており、ロボホンが周囲を見回して、人の顔に反応して写真を撮ります。

 

さらに、顔認証でそれぞれの顔を判別できるようになり、「○○ちゃん、見つけた」と声をかけてくれます!

 

 

プロジェクター機能!!

スポンサーリンク

 

目からビームが出て、テーブルに投影してくれます。

 

プレゼンに使えるサイズで投影はできなさそうなのが残念。

 

 

もちろん電話も可能

 

サイズと形状が特殊なため、外で電話に出るにはかなり勇気がいりますね。

 

2台目として持ち歩くのはいかがでしょうか。

 

 

欲しい!でも、お高いんでしょう?

 

 

そうなんです。

 

高いんですよ。

 

親(製造者)のSHARPさんも、ツイッターでこの通り

 

iPhone7plusの最高スペック256GBですら10万前後ですが、ロボホンは20万を越えます。

 

伝説の犬型ロボット、アイボの初期型の定価は25万円でした。

 

それと比べたら若干安いですね。

 

ちなみに、AIBOは生産を中止してしまい、入手方法はヤフオクなどのオークションのみ。

 

落札平均価格は5万円程度のようでした。

 

ただし、ロボホンはそれほど量産されていないため、中古品も流通する量が少ないです。

 

値下がりする前に市場からなくなってしまう可能性もあるので、欲しい場合は早めに手を打つべきでしょう。

 

 

twitterの反応

スポンサーリンク

 

ロボホンにプレゼンをさせるとこんなことも!

 

視聴者の感想など

 

持ち主の方のツイート

 

以上です。

 

様々な機能を持ったスマホが多く、どれを買おうか迷ったら、その選択肢にロボホンを入れて見てください!

 

 

他にもたくさん、癒されるロボットたちはコチラ!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - IT, 新製品