2017M-1敗者復活組発表引っ張りすぎ!ドラマ性いらないから早く漫才を見せて!

   

 

2017年もM-1が放送されました。

 

今回は敗者復活組を最初に発表したり、

ネタ順を毎回くじびきで決めたりと

新しい取り組みがありました。

 

にしても、長い!

 

1組目のコンビがネタをはじめるまで

40分近く経過しています。

 

この手の時間引き延ばしは格闘技などで

散々不満が出ているのに、なぜM-1も

同じ道を進んでしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

敗者復活組発表

 

これまでのM-1では、決勝戦の途中で

発表していましたね。

 

その結果、敗者復活組はネタ順がラスト

となり、会場が沸いた状態で漫才ができ

高得点が生まれやすい状況にありました。

 

トップバッターになるくらいだったら

敗者復活から上がったほうがいい

 

とまで言うコンビもおり、それを改善する

ため、2017年は番組の冒頭で発表し、

他の決勝進出者と同様にくじを引いて

順番を決めていくことになっています。

 

 

それにしても長い!!

スポンサーリンク

 

19時(正確には18時57分)に開始された

M-1ですが、敗者復活組の発表に

なんと30分も使いました。

 

 

 

舞台裏など、漫才以外は全部削っていいのでは?

 

番組的には、ドラマチックな演出で

沸かせたいという思いがあるので

しょうが、いくらなんでもやりすぎ

ではないでしょうか。

 

敗者復活組は、そもそも決勝進出組に

漫才で劣っているとされたコンビたち

です。

 

そのようなコンビに30分も時間をかける

必要はありません。

 

さっと発表して、早く漫才を見せて

ほしいです。

 

 

次回から改善される?それとも廃止になる?

 

今回は初めての試みですので、MCも

裏方スタッフも半分手探りの状態でしょう。

 

次回同じ条件でやれば、もっとうまくやれ

るに違いありません。

 

ですが、敗者復活組発表に30分、そして

さらに笑神籤(えみくじ)で時間をとられる

この仕様は必要でしょうか。

 

出番が直前までわからない緊張を強いる

という不満もあるようですし、今回限りで

このルールは消えてしまうかもしれませんね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

M-1は漫才の祭典の中でも特に重要な

賞レース。

 

終了した際には、ショックのあまり

お笑いを辞めるコンビが続出したという

ほど。

 

そんなM-1だからこそ、漫才そのものに

力を入れ、余計な演出を省いた状態で

見てみたいですね。

 

 

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - M-1グランプリ